東京六本木法律特許事務所の公式サイト » 弁護士01 東京六本木法律特許事務所|六本木の法律特許事務所です。

TOP

 

竹之下 義弘

顧問弁護士

主な取扱分野

  • 会社法・金融商品取引法関連書類作成
  • 契約書作成・検討(ライセンス、合弁、代理店、秘密保持、雇用等)
  • 労働法関連(就業規則作成、意見書作成等)
  • 訴訟・仲裁
  • 商標、著作権関連(申請、ライセンス契約)
  • 就業ビザ取得手続(いずれも英文・和文)
経歴
1967年3月 東京大学農学系大学院修士課程修了
1970年3月東京大学法学部卒業
1973年4月 弁護士登録、福岡県弁護士会所属
1989年6月ディッキンソンスクールオブロー(米国ペンシルヴェニア州)比較法修士コース終了
1989年7月~
1991年7月
ブマスダ・フナイ・アイファート・ミッチェル法律事務所、米国イリノイ州シカ
1991年9月 第二東京弁護士会所属
2002年10月 東京六本木法律事務所
同事務所をブレークモア法律事務所のパートナー2名ともに設立。
法律関連活動
1982年~ 日本法律家協会会員
1994年~ IPBA(環太平洋法律家協会)会員
2000年~ スポーツ法学会会員(2007年から2013年まで副会長)
2000年~スポーツ法学会会員(2007年から2013年まで副会長)
2001年~ 日本体育協会スポーツ少年団法律アドバイザー
2003年~ 日本スポーツ仲裁機構仲裁人候補者
2004年7月 東アテネオリンピック馬術競技代表選考仲裁申立事件仲裁人
2016年3月 日本仲裁人協会監事
弁護士会活動
1982年4月~
1983年3月
九州弁護士会連合会事務局長
1985年4月~
1986年3月
I福岡県弁護士会業務対策委員会副委員長
1993年~ 第二東京弁護士会仲裁センター、仲裁人候補者登録
1994年4月~1995年3月第二東京弁護士会国際交流委員会委員長
1999年5月~
2000年6月
日弁連研修委員会副委員長
2005年4月~
2006年3月
第二東京弁護士会監事
2007年4月~
2009年3月
第二東京弁護士会仲裁センター運営委員会委員長

主な著書・論文

  • 「養子・特別養子・国際養子」(中央経済社・1997)
  • 「米国におけるスポーツ代理人制度」(日本スポーツ法学会年報第8号・2001)
  • 「配転・出向・転籍」(中央経済社・2003)